[R34 / R33 スカイライン GT-R コソチューン] にもどる

REVランプを改良するの巻

このページの内容は BNR34 で有効です。

 R34 スカイライン GT-R のマルチファンクションディスプレイ(以下 MFD)につく REV ランプ(シフトタイミングランプ)は、昼間のサーキットでは点灯が暗くてほとんど役に立ちません。
 ということでちゃんと使えるよう改良してみました。

 まず車両から MFD ユニットまるごとはずしてきます。


MFDを外す
 MFD を制御系(写真上)と表示系(写真下)に分けます。
 


MFD分解
 表示系をさらに分解するとこんな感じ。



MFD 表示系分解
 この Φ5 の赤色 LED が REV ランプなのでこれを高輝度タイプに交換する方針でいきます。
 基板 "K" マークが LED のカソード(マイナス/LED の短足)側。
 となりのサーミスタの役目がよくわかりません。


赤色LED
 まずはいつもの無線機屋で買ってきた Φ5 の高輝度赤色 LED と純正 REV の LED を比較します。
 写真の左が真正面、右がナナメからの写真。
 高拡散タイプじゃないのでナナメには弱いんですがそれは純正 REV LED も一緒、正面からは明らかに今回準備したタイプの方が明るいです。

追記
 どんな仕様の LED を準備したらいいか。
 実はよくわかんないけど成功したって感じなんですよね(笑)。
 ぼくが使った LED は(無線機屋の在庫リストから想像するに) 22° / 2,300mcd / 20mA / 2.1V ってなやつで、R-Blood のお〜みやさんが試されたのが 20° / 5,000mcd / 20mA / 3.0〜3.2V というタイプ。
 ってことからこれまたよくわからず想像すると電圧はてきとーで 20mA の高輝度タイプならよさげな感じです、電流制御っていうんですかねよくわかりませんけど。


LED 比較
 白いボードに照らすとこんな感じ(わかりやすいよう LED の向きを調整しています)。
 もちろん右が高輝度タイプ。

追記
 この写真から、選ぶ高輝度 LED の半値角は 20°以上のものにすればどの角度でも純正を上回れるようです。
 輝度は昼のサーキットで使うにはこの 2,300mcd より高いモノにしたほうがいいでしょう、夜は相当まぶしいかもしれませんが(減光機能があるかどうか不明です)。


照らしてみた
 ということで高輝度 LED に交換し、(実際に意味があるかわかりませんが)光をできる限り利用するつもりで基板・カバー部にアルミテープを貼ってみました。
 また(これまた意味があるかわかりませんが)自分のシートポジションで LED が正面を向くようこれを右下に傾けてみました。


交換&小細工
 これだけじゃ不安(?)なので REV ランプと同期してブザーがなるようにもしてみました。
 MFD 制御系と表示系をつなぐフラットワイヤーの制御系側コネクタ裏の 12, 13 番を写真のように(アップはこちら) 延長しこれをスイッチにします。
 13 番は LED への電源で常時 9V ぐらい、12 番はエンジンが設定回転数以上になるとアースに落ちるという仕組みみたい。


LED制御ラインを延長
 整備書には先の 12 番が通常 5V 、REV 時 0V って書いてあったので操作電圧 5V のリレーで 12V のブザーを鳴らそうとしたんですが失敗。
 電気工作はよくわかりませんが 12 番は 0V のスイッチとしか使えないみたいなので、ソレを考慮しわからないなりに作った物体がこれです。
 13 番からひいたピンクの線にダイオード、抵抗(100k-150kΩぐらい)をつなげこれを灰線 12 番 とでリレーのスイッチにし、バッテリー +12V のオンオフをするってな感じ。
 13 番から引かなくたって、5V なんてリレーを使わなくたって、なんてことを今反省してます。
 というか直接ブザーにつなげてもよかったのかも。

 そうそう接続線が 5 本あるリレーを自動車業界(??)では 5 局リレーっていうみたいなんですが、電子パーツ業界(??)では「局」は回路数を指しこれは 1 局のリレーということになるみたい。
 写真のは(電子パーツ業界語で) 2 局リレー、1 局分しか使ってませんが。
 ぼくのようにエーモン製しか買ったこと無い方は呼び方に注意、無線機屋のおっちゃんにうっとうしがられます(悲)。


無理矢理リレー
 細かいことはさておき REV ランプと 12V が連動したので、ニーパッドにくっつけた 15V 駆動(たぶん)のブザーにつなげてこっちも完成。

 高輝度 REV ランプとブザーがサーキットでどれだけ役に立つか、かな〜り楽しみ。

[追加]
 サーキットで使ってきました。
 ランプはバッチリ視界に入り、ブザーはヘルメット(アヘル)をかぶっていてもバッチリ聞こえました。
 かなり便利、特にブザーの方。
 だいせいこう。


ブザーも完成
 おまけ。
 さっきの基板にイカニモなコネクタを発見、奥には D-Sub 9 ピンが接続できそうなパターンも。
 D-Sub の方はニスモの拡張 MFD 用なんでしょうけどなんかいやーな感じですね、1 こ数十円のコネクタつけてプログラムちょっと変えて 9 万円の別売り製品になるんですから。
 最初からブースト 2kg/cm^2 表示だったら後付けブースト計買わなくて済んだのに。


ニスモMFD用パターン

↓ コソチューンがお役に立ちましたら以下で紹介の無修正サイトのご入会お願いします ↓

優良[裏]動画サイトだけなことは管理人あかいけが保証


[R34 / R33 スカイライン GT-R コソチューン] にもどる

あかいけ akaike@kosotune.com
ご質問は承っておりません