[R34 / R33 スカイライン GT-R コソチューン] にもどる

ボンネットフラップをつけるの巻

このページの内容は BNR34BCNR33 などで有効です。

 排気ダクト付きのボンネットを使ってるからだと思うんですがワイパーブレードの劣化がとても早く、新品装着後 3 ヶ月ぐらいから拭き残しが出ます。
 ボディーは汚くとも窓は常にキレイじゃないとイヤなのでブレード代がバカになりません。
 ということでボンネット後端にフラップをつけ走行中の熱気をワイパーにあてないようにしてみました。
 激しい運転をしたあとはかなりボンネット自体が熱いので、穴無しの純正ボンネットでもいくらかはブレード寿命の延長に効果があるかもしれません。

 まずはアールが急なボンネットフチっこ部分の型どりを(テキトーに)します。


型どり
 ボンネットに沿うような加工が簡単にできるフラップの素材を長い間考え続け見つけたのがこれ。
 2 辺が 5mm のアクリル製直角三角柱で、ホームセンタにて 1m のものが 130 円ぐらい。
 未計測ですがボンネット幅は 1.5m ぐらいあるのでこれを 2 本並べて使用します。


アクリル角材
 アクリル角材の端を [1] の型にあわせ曲げます。
 ドライヤで温めながら根気よくやるしかないと思います。急な角度をつけながら慣らすのがいいみたいですが割れない程度にするというのがちょっと難しいかも。
 ピッタリにする必要はありませんが、あんまりカタチが違うとボディー貼り付け後にすぐ外れちゃいます。


ボンネットのカタチに曲げる
 タッチペンで色を塗り、透明な超強力両面テープ(エーモン/スリーエム 1,200円)をケチケチに使ってボンネットに貼り付けます。
 これで完成。

[追加]
 雨天時に、撥水剤を塗ったフロントガラスの雨粒の動きを観察しました。
 50km/h 走行にて(周囲に十分注意して)ワイパーを動かさず確認したところ、ガラス上方 3/4 は雨粒が流れるものの下方は粒がほとんど動かない状態でした。
 フラップによりボンネットを流れた空気が上に持ち上げられこのような結果が出たと思われます、ただもっとちいちゃいフラップでよかったみたい。
 ワイパーブレードの長寿命化間違いなし!

 もっとでかい、もしくは角度が急なものをつければ、高速走行時の虫除けにもなりそう。


完成
■ 追加 :

 ボンネットフラップはほんとに効果があるのかどうかを今一度確認するべく、まだこれを付けてないR34で空気の流れを観察してみました。
 ついでに、ボンネットモール(カウルトップシーリングラバー)外しはいわゆる「冷却」に役立つのかってのも一緒に検証。

 まずはモールの有り無しを一緒にみるため、半分外して途中で折り返しテープで留めときます。
 モール中央付近はボンネット支えのためかゴムが厚くなってるのでド真ん中とはいきませんでした。


モールを半分はずす
 ぼくのクルマは"偶然ニスモのドライカーボンボンネットに似てしまった"形状のボンネットに交換されてるので、純正ボンネットとは空気の流れが異なるかもしれません。
 なおダクトの穴は未公開の自作雨どいにててきとーに塞がれてるので通常時はここからの排気は少ないと思われます。


ニスモ風ボンネット
 空気の流れは、てきとーにカットしたコピー用紙をてきとーに貼り付け、こいつの動きから確認するという方針で。
 写真奥側の群がモールありの後端、手前がなしの後端。
 群の条件がワイパーなどで異なりますがついでの実験なので気にしません。

 しかしこの状態で一般道を走らにゃならんのかと思うとげんなりします(^^;)。


コピー用紙の帯
 これの観測は、いつものUSBカメラを窓に貼り付けてぽんこつノートパソコンにて記録することで行います。

 偽装したつもりですがやっぱため息が出ますね、ちょー恥ずかしい。。


カメラで記録
 んでその動画です、音声付きなので再生時は周囲に注意してねん。
 30km/hあたりから80km/h程度までゆっくり加速って感じ。
 ボンネット後端の帯は垂れ下がったまま浮いてきませんから、ここは圧力が低くなっている(前方からの空気が流れ込んでいる)と想像されます。


動画(フラップ無し) 1MB
 次に、[2]と同じアクリル棒をてきとーに貼り付け。
 帯の動きがわかりやすいよう貼り付け位置を全体的に変更しました(厳密な実験じゃないのでこのへんもまあてきとーです)。


フラップ取り付け
 んで再度走行。
 ボンネット後端部の帯の動きがあきらかに異なり、ボンネットと平行に空気が流れているかのようなひらひらっぷり。
 なおワイパー上部の帯の動きだけがモールがあるとことないとこで違って見えますが、ボンネット後端からここまでの形状がそれぞれ違うのでこれだけでは何とも言えませんな。

 ってことで、(R34では)ボンネットフラップに「効果」があることが確認されました。
 ボンネットモール外しについては排気ではなく吸気がなされるようになり、ただでさえエンジンルーム内の空気の抜けが悪いスカイラインにおいては排熱を妨げることにしかならず、やってはいけないことであると言えます。
 ついでにいえばチビっ子が大好きなボンネット浮かしも同じく改悪でしかないでしょう。
 これらはボンネット後端の形状によるので一般化はできませんが少なくともその下にエアコン外気導入口があるクルマに関してはここは加圧されることが期待されてるわけですから単純なことでは排気に繋がらないと考えていいと思います。
 停車時に熱気を感じるってのは全く意味ないことですから注意。

追記
 …と思ったんですがやっぱ実験がてきとーすぎな気がしてきました。
 帯はもっと軽くて自由度の大きい、例えば毛糸とかで、フラップの有り無し、モールの有り無しもちゃんと同一条件で確認すべきですね。
 やっぱやり直しますデス。

 で肝心のR34のフラップ製作ですが、、それはまた今度(笑)。


動画(フラップ有り) 1.3MB

↓ コソチューンがお役に立ちましたら以下で紹介の無修正サイトのご入会お願いします ↓

優良[裏]動画サイトだけなことは管理人あかいけが保証


[R34 / R33 スカイライン GT-R コソチューン] にもどる

あかいけ akaike@kosotune.com
ご質問は承っておりません