[R34 / R33 スカイライン GT-R コソチューン] にもどる

ブレーキバックプレートをカットするの巻

このページの内容は BNR34BCNR33 で有効です。

 ブレーキ系冷却のため、水や異物をかまないようロータ裏面を覆っているバックプレート(バッフルプレート)をカットしました。
 一度外周を 3 〜 4cm カットした(その時の写真。今回と撮影場所が左右違う)んですがあんまり効果なさそうなのでもうすこし大幅に切断しました。
 作業前の写真がないのでどんだけ切ったかわかりづらいんですが右写真の現状はかなりカットしてます。
 なお解説は R33 です、R34 はショップで切ってもらったのでどうなんかよくわかりません。

 手順はブレーキキャリパーを外してローターを抜き、出てきたプレートの外周をカットしヤスリがけするだけ。
 念のため手持ちの(黄色い)タッチペンで防さび処理もしてみました。
 写真右下がずいぶん残ってるのはタイロッドのゴムブッシュへの断熱のため。
 上側が残ってるのはアームがじゃまではさみが入らなかったから。
 さわってみてびろびろ動くようなところはプライヤーでフチを折り曲げ補強しときます(写真右下部分とか)。  ローターは裏側真ん中から空気を吸って外方向へはき出す仕組みになってるので、残ったプレートはほどほどに向こう側へ曲げ、吸気が少しでもなされるようにしときました。
 そうそうバックプレートはとても堅いので切断にはかなり強力な金切りはさみが要ります。

 んで効果の方なんですけど、サーキット走行が終わった後は内側のブレーキパッドばかりがずいぶん無くなるというもったいない状態になるんですがカット後はそれがほとんどありませんでした。
 かなり効果がある模様。


左前バックプレート
■ 追加

 R34ではいろいろ都合があってショップでカットしてもらったので元々の状態を見てないんですが[1]のR33みたいにブッシュへの遮熱のためちょこっと残すってことができない形状だったそうで、なのでグラインダーでがっつり切ってもらいました。
 まあこの方がローターのベンチレート構造が100%といっていいほど発揮されるので全体的な温度も下がるでしょうね。
 でもこう見るとゴムんとこはやっぱ遮熱布を巻いた方がよさげです。


R34でのバックプレート
■ 追加

 バックプレートをがっつりカットしちゃうと、真後ろにあるアームのゴムブーツへの熱害がとっても心配です。
 ってことでブレーキローターから2cmぐらいしか離れていないロアアームとタイロッドのとこに遮熱布を巻き保護してみました。
 写真は左前ね。
 固定用のワイヤーはあんまり強く巻いちゃうとそっちの方がブーツに負担がかかっちゃうと思われるのでほどほどに。


ゴムブーツを熱から保護

↓ コソチューンがお役に立ちましたら以下で紹介の無修正サイトのご入会お願いします ↓

優良[裏]動画サイトだけなことは管理人あかいけが保証


[R34 / R33 スカイライン GT-R コソチューン] にもどる

あかいけ akaike@kosotune.com
ご意見・ご質問は 掲示板 へ。なおコミュニケーションに興味ない方の質問はスルーの方向ですので掲示板でのカラミ(?)をよろしくです
当サイトはどのページへのリンクも大歓迎です。またリンクに際して管理人への連絡等は一切不要です。お気軽にどうぞ。